thumb

リルケの『マリーナ悲歌』とツヴェターエヴァ

 『ドゥイノの悲歌』Duineser Elegien(1912-1922年)の作者で知られるライナー・マリア・リルケは、もうひとつの悲歌を書き残している。それは、マリーナ・ツヴェターエヴァへ宛てた書簡に添えられていた。リルケの死後約50年...

thumb

「ロシアのフォークロア」に言よせて

皆様、今日は!  本日は、早大ロシア文学会よりお招きをうけ、このようにしてお話をさせて戴きますこと、まことに感謝です。この会での講演はこれにて三回めになります。初回は1975年、後藤明生氏と共に、二回めは浅...

thumb

今となっては遠い昔のことになってしまったが

今となってはすでに遠い過去のこととなり、興奮もすっかり冷めきってしまったが、2001年の9月から2002年の6月まで、モスクワ大学と早稲田大学の交換留学協定の恩恵にあずかって、私はモスクワに滞在していた。  去年の6...

thumb

露文卒業生(早稲田大学ロシア文学会会員)が関わっているホームページ①

他にもホームページをお持ちの会員のみなさん、ぜひご一報ください。ホームページにて紹介いたします。 How to Save My Own Life 山田あかね公式ホームページ(http://www2.odn.ne.jp/akane-y/) →会員でテレビ、小説など多方面で活...

thumb

太陽の国の都の悲劇

――ブブノワ先生の住んだスフミ――  世界の各地で武力を伴う民族紛争の火が鎮まらず、一日も早く解決の道がえられぬものかと気をもむ毎日だが、とりわけ旧ソ連のカフカースの南の国グルジアでのアブハジアとの武

thumb

ペテルブルク、断片。

2003年5月にペテルブルクは建都三百周年を迎える。私は2002年4月から翌年1月末までそこに滞在していた。文字通り、街の至る所で改修工事が行われていた。ドーム・クニーギもペトロパヴロフスク聖堂もスモーリヌイ修道院

thumb

カロリーナ・パヴロワの『鉱夫』をめぐって

 カロリーナ・パヴロワ(Каролина Карловина Павлова,1807-1893)のバラッド形式の作品『鉱夫(Рудокоп)』(1841)は、ある鉱山で実際に起きた落盤事故に着想を得て創作された。ドイツ・ロマン主義文学の世界...

thumb

上田敏とアンドレーエフ

 上田敏は日本で初めてアンドレーエフ作品の翻訳を行った人物である。発表の早い順に挙げれば『芸苑』巻第1、第2(明治39年1月1日、2月1日発行)に連載された「旅行 Петькана」、『趣味』第2巻第5号(明治40年5月1日...

thumb

露文教員のホームページ①

井桁研究室 (http://www.kt.rim.or.jp/~igeta/) → 井桁先生の研究、授業の内容、そしてロシアの今が分かります。ともかく内容が盛りだくさんのページです。 源 貴志研究室(http://www13.ocn.ne.jp/~minamoto/) → ロシアの辞典

thumb

ワルワーラ・ブブノワ先生ゆかりの地、ベルノボ案内記

 今年(1999年)6月6日はプーシュキン生誕200周年記念日にあたり、ロシヤ各地のプーシュキンゆかりの地で、盛大な記念行事が開催されるだろう。戦前、戦後の早稲田露文科で講師として教鞭をとられたワルワーラ・ブブノ...