thumb

インタビュー第4回・ジェーアイシー旅行センター株式会社 業務主任 百瀬智佳子さん

インタビュー第4回 ジェーアイシー旅行センター株式会社 業務主任 百瀬智佳子さん(1995年卒) ■ロシア語って美しい――出会いは高校生のときでした。 ――本日はお忙しい中、ありがとうございます。早速ですが...

thumb

シンポジウム「ネフスキーと言語―ニコライ・ネフスキー生誕120年に寄せて」

1月25日(金)に、早稲田大学で下記のシンポジウムを予定しています。 今回は、ロシア(ソ連)の東洋学者ニコライ・ネフスキーをめぐって、詩人の吉増剛造氏、台湾の中国文化大学助理教授の塚本善也氏をお招きし、講...

thumb

研究発表会《ロシア文学者 昇曙夢の業績》のお知らせ

早稲田大学比較文学研究室よりロシア関連の発表会のお知らせを頂きましたので、以下に掲載いたします。 ご興味のある方は是非ご来場下さい。 早稲田大学比較文学研究室第216回月例研究発表会 《ロシア文学者 昇曙

thumb

2012年度冬季休業期間中のコース室閉室について

2012年度冬季休業期間中(2012年12月23日~2013年1月5日)、露文コース室は閉室といたします。 2013年は1月7日(月)より平常通り開室いたします。 もし冬季休業期間中に臨時に開室して欲しい等ご要望がありましたら助手まで

thumb

コンツェルト『巨匠とマルガリータ』

ロシア語劇団コンツェルトが第42回定期公演を行ないます。 日程等詳細は以下の通りです。 ご興味のある方は足をお運びください。 演目:『巨匠とマルガリータ』 原作:ミハイル・ブルガーコフ 場所:早稲田大学学生会

thumb

修士一年生修論計画発表会を行いました

11月17日(土)12:0より第6会議室において、大学院の修士一年生による、 修士論文の計画発表会が行われました。 本年度は4名の修士一年生が報告しました。 レールモントフ、ソログープ、ザミャーチンという文学研究に加

thumb

シンポジウム「ロシア文化研究の最前線」の開催について

きたる11月24日(土)に早稲田大学ロシア研究所主催のシンポジウム「ロシア文化研究の最前線」が開催されます。 詳しくは下記の通りです。 シンポジウム「ロシア文化研究の最前線」 主催:早稲田大学ロシア研究所、後

thumb

ロシア・東欧関係の映画やってます

秋も深まり、ロシア・東欧地域の映画の情報が続々と届いています。 まずは、我らがソクーロフ。 「ソルジェニーツィンとの対話+ソクーロフ選集 ロシア/音楽/亡命」 10月27日~11月2日まで、オーディトリウム渋谷に

thumb

諸星和夫先生の詩がウクライナの雑誌に掲載されました

露文の卒業生で、現在国際教養学部で教授として教鞭をとられている諸星和夫先生の詩のウクライナ語訳が、このたびウクライナの雑誌『世界』に掲載されました。 以下のHPで見ることができます。 (雑誌のトップペー

thumb

ハバロフスク紀行-抑留の記憶を辿る旅

露文教員の坂庭です。今回は、1年ロシア語クラスの柴田賢さんが、夏に訪れたハバロフスクについてレポートを書いてくれましたので掲載します。味わい深い旅行記になっています。 はじめに-「ハバロフスク小唄」と極