露文案内

→露文案内
→概要へ
→専修室案内
→専修室所蔵洋雑誌・新聞一覧
→専修室日本語図書一覧
→露文へ行こう!

「ロシア語ロシア文学コース」は早稲田大学における戦前からのロシア語・ロシア文化研究の伝統を受け継ぎ、その最前線を牽引するユニークなコースである。

ロシアは帝政時代から革命、ソビエト連邦時代、そしてソ連崩壊後の現在と、激しい歴史の転変を潜り抜け、それに伴いロシア文学とロシア文化も、めまぐるし く変貌を繰り返してきた。しかし民謡・民話などのフォークロア、『イーゴリ軍記』に代表される中世文学、プーシキン、ゴーゴリ、トゥルゲーネフ、ドストエ フスキー、トルストイ、チェーホフ、パステルナーク、ソルジェニーツィンといった巨匠たちの芸術は、時代を超えて生き続け、その輝きを今も失わない。その ロシアはまた私たちに最も近いヨーロッパとして日本と深い関わりを持ち続けてきた。

そのロシア文学・文化研究の伝統を振り返るなら、ロシア正教、マルクス主義、ソビエト構造主義といった様々なイデオロギーや方法が分析のために用いられて きた。しかしそれらの多様な視点も大きな脱中心化の波に洗われており、ロシアは私たちの目の前に全く新しい姿を現そうとしている。

「ロシア語・ロシア文化コース」はロシア語学の習得と伝統的なロシア文学の知識を踏まえながらも、このような状況に対応しつつ新しいロシア文化・文学像の 獲得に努めてゆく。