レートフな夜

こんにちは、高柳です。
先週はロシアからセルゲイ・レートフ氏が来日し、さまざまな場所で講演やライヴがありました。
早稲田大学にも9日(金)に来てくれて、現代アートについての興味深いレクチャーをやってくれました。
(カメラを忘れた私の手元には写真も残っておりませんが・・・)

今回の最終日は日曜日、午後4時から吉祥寺のカフェ・ズミでレクチャー&ライヴがありました。

この日も私はカメラを忘れてしまったので、写真はすべて、音楽評論家の岡島豊樹さんから頂いたものです(岡島さん、ありがとうございます)。カフェズミは、高柳がご贔屓にしているお店で、音楽好き、現代思想好きの濃いメンバーが集まる吉祥寺の穴場です。現代思想の勉強会なども行なわれています。

演奏は、左からパール・アレクサンダーさん、セルゲイ・レートフさん、新潟大学の鈴木正美先生です。
これが最後の夜ということもあり、ライヴのあとはお別れパーティ。おしゃべり好きなレートフ氏から、80年代のロシアの芸術家たちをめぐる環境や出来事についていろいろな話を聞くことができて、本当に楽しかったです。


やや頬が赤くなっていますが、レートフ氏とマスターのイズミさんと記念のスリーショット。
レートフさんは、一足早いサンタさんのようですね。

また日本で会える日を楽しみにしています。

NO RESPONSE TO レートフな夜

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree