シンポジウム「メイエルホリドと越境の20世紀」のお知らせ

早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点 公募研究「メイエルホリドと越境の20世紀」(研究代表者:上田洋子)では、 以下のシンポジウムを開催いたします。師走の忙しい時期となりますが、 ご来聴いただければ幸いです。

日時 2010年12月17‐18日(金・土)
場所 17日 早稲田大学6号館3階318教室(レクチャールーム)
18日 早稲田大学 8号館403教室

概要
モダニズムとアヴァンギャルドの時代を通して演劇の改革を行い続けたメイエルホリドの創作は さまざまな「越境」の問題を包含している。時代・文化・ジャンルを越境しながら演劇の実験と 応用を繰り返したメイエルホリドの創作を検討しつつ、20世紀という時代を考察してみたい。

テーマと参加者
17日 メイエルホリドとベンヤミン
鴻英良(講演)・マリヤ・マリコワ(講演)
桑野隆(コメンテーター)・谷川道子(司会・コメンテーター)
18日 文化とジャンルの越境――メイエルホリドの試み
永田靖(講演)・ヴィオレッタ・ブラジニコワ(発表)
伊藤愉(発表)・上田洋子(発表・司会)
鴻英良(コメンテーター)・マリヤ・マリコワ(コメンテーター)

主催 早稲田大学演劇博物館演劇映像学連携研究拠点公募研究 「メイエルホリドと越境の20世紀」(研究代表者:上田洋子)

入場無料・予約不要

プログラム
12月17日(金)「メイエルホリドとベンヤミン」
早稲田大学6号館3階318教室(レクチャールーム)
司会: 谷川道子氏(東京外国語大学名誉教授)
15:30 講演 鴻英良氏(演劇批評家)
「メイエルホリドとベンヤミン Мейерхольд и Вальтер Беньямин」日本語 16:30 谷川氏によるコメント
16:50 討議
17:20 休憩
17:30 講演 マリヤ・マリコワ氏(ロシア科学アカデミー文学研究所プーシキン館上級研究員)
「ヴァルター・ベンヤミンの見たメイエルホリドの『検察官』
“Ревизор” Мейерхольда глазами Вальтера Беньямина」ロシア語、通訳付
18:45 桑野隆氏(早稲田大学教授)によるコメント
19:00 谷川氏によるコメント
19:15 討論
20:00 終了

12月18日(土)「文化とジャンルの越境――メイエルホリドの試み」
早稲田大学 8号館403教室
司会: 上田洋子(早稲田大学演劇博物館助手)
第一部

13:30 講演 永田靖氏(大阪大学教授)
「メイエルホリドと世界演劇 Театр Мейерхольда в мировом контексте」     日本語、通訳付
14:40 発表  ヴィオレッタ・ブラジニコワ氏(マドリード・カルロス第三大学/早稲田大学)
「Элементы сценографии театра Кабуки в русско-советской театральной
пластике в первые декады ХХ века
20世紀初頭ロシア・ソヴィエト演劇の身体表現における歌舞伎的舞台構成の要素」 ロシア語
15:20 鴻氏によるコメントおよび討論(通訳付)
16:05 休憩
第二部

16:20 発表 上田洋子
「Мейерхольд и театральный конструктивизм メイエルホリドと演劇の構成主義」     ロシア語
17:00 発表 伊藤愉氏(一橋大学)
「Музыкальная композиция и актерская игра в Театре имени Мейерхольда
メイエルホリド劇場における音楽的コンポジションと俳優の演技」ロシア語
17:40 マリコワ氏によるコメントおよび討論(通訳付)
18:30 終了

* ロシア語による発表は日本語原稿あるいはレジュメを配布、コメント・討論は日露二カ国語で実施

通訳: 中川エレーナ氏、斎藤慶子氏

講演・発表要旨

鴻英良「メイエルホリドとベンヤミン」
私はいま、近代演劇が、ブルジョアジーの勃興、あるいはモダニティの展開と どのように関連しつつ、推移してきたのか、それらの関連、もしくは錯綜の 中で、はたして近代演劇は世界の新たな状況に対して独自のヴィジョンを提示 できていたのかなどにについて検討してみたいと思っている。前近代的な神話 的秩序の崩壊のあとで、近代は、まさにその崩壊によって、精神的な危機に直 面し続けることになったのだが、その危機なかで近代世界の芸術家たちは、自 らの近代性の意味を問いつつ、自らの不安定な主体をポジショニングしようと、 不可能の努力をしてきたのである。ほとんどが挫折に終わったそうした試みの 数々こそ、人間の革命的な行動の支柱であったのだが、それゆえ、そうした支 柱を表現活動の中で実践してきた 人は、じつはたくさんいたのである。この 報告では、そのうちのふたり、ベンヤミンとメイエルホリドに焦点を当て、演 劇的な現場における二十世紀の前半の人間の活動の偉大さと歴史的な事実とし てのその活動の挫折の意味について検討してみたい。とはいえ、私の話は、こ の二人の偉大な芸術家・思想家の活動がわれわれにどのような可能性を示唆し ているのか、グローバル化された社会で疲弊している今日の知識人たちへの批 判的提言にもなることをもくろんでいる。

マリヤ・マリコワ「ヴァルター・ベンヤミンの見たメイエルホリドの『検察官』」
ドイツの哲学者ワルター・ベンヤミンが、メイエルホリドの『検察官』とこの 芝居に関する討論をどう受け止めたのかを二つのコンテクストにおいて考察す る。ひとつは、ベルトルート・ブレヒトの思想(1927年の覚書『メイエルホリ ドの論争』)と同じ方向性にある、政治的機能を果たす新たな手段としての新 しいプロレタリア芸術に関するベンヤミンのイメージの反映。もうひとつは 「商品の交響楽」というアレゴリー的イメージへの哲学的感心のコンテクスト で、主著『パッサージュ論』において展開されることになるものである。

永田靖「メイエルホリドと世界演劇」
メイエルホリドのその後の演劇への影響は甚大なものがあるが、ここではそれ らを整理しながら現代演劇とどのように繋がり、また断絶しているのか様々な 視点から考えたい。

ヴィオレッタ・ブラジニコワ「20世紀初頭ロシア・ソヴィエト演劇の身体表現に おける歌舞伎的舞台構成要素」
独自の歴史と源泉および影響を持つ歌舞伎とメイエルホリドの自立した演出作 品という、一見したところ極めて異なる二つの演劇世界を扱い、二つの演劇が 用いた舞台構成資源の持つ類似性を明らかにする。メイエルホリドはいわゆる 「第四の壁」の破壊を強く主張するが、これは20世紀においてもっとも重要な 演劇的資源であり、同時代や後続の演出家に受け継がれていった。この演劇的 資源について論じたい。

上田洋子「メイエルホリドと演劇の構成主義」
『堂々たるコキュ』の舞台写真を同時代の他の芝居の写真群と並べてみると、 その斬新さにあらためて驚嘆させられる。メドゥネツキーとステンベルグ兄弟 が発案し、メイエルホリドが温め、ポポワが具現化したシンプルかつ演技を際 立たせるセットを、構成主義者たちは美的観念が完全に排除されていないと非 難した。もっとも、構成主義者たちが言う「有用性」は、俳優と実生活上の人 間においては異なっていることを忘れてはならない。メイエルホリドが構成主 義をいかに演劇的に変質させていったのか、改めて考察を試みる。

伊藤愉「メイエルホリド劇場における音楽的コンポジションと俳優の演技」
1926年に上演された『査察官』は、これまでの舞台機構を露呈するような演出 とはことなり、1930年代を模した調度品が舞台上に並んでいた。演出家はリア リズムに移行したかのようにも見えた。しかし、それは「音楽的リアリズム」と いう明確な意図に基づくもので、このとき芝居は音楽的に構成され、俳優の演技 もまたその原理に組み込まれていたのである。これまで手法が新たな形で展開し たものとして「音楽的リアリズム」を読み解いてみたい。

NO RESPONSE TO シンポジウム「メイエルホリドと越境の20世紀」のお知らせ

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree