沼野恭子氏講演会「恋か料理かロシア文学」

2010年10月26日(火)、東京外国語大学教授の沼野恭子氏の講演会を開催します。
「恋か料理かロシア文学」と題して、ロシア文学の不朽の名作を、恋愛と食べ物という視点から読み解きます。
講演会の後は懇親会もあります。
どちらも奮ってご参加ください。

日時:2010年10月26日(火)16:30~18:00
会場:文学部キャンパス33-2号館2階 第1会議室

*沼野恭子氏 プロフィール *
東京外国語大学ロシア科卒。東京外国語大学教授。NHKテレビ・ロシア語講師。
著書に『アヴァンギャルドな女たち』(五柳書院 2003年)
『夢のありか̶「未来の後」のロシア文学』(作品社 2007年)
『ロシア文学の食卓』(日本放送放送協会〈NHKブックス〉 2009年)。
訳書にボリス・アクーニン『堕ちた天使』(作品社 2001年)
リュドミラ・ウリツカヤ『ソーネチカ』(新潮社 2002年)、
アンドレイ・クルコフ『ペンギンの憂鬱』(新潮社 2004年)、
トゥルゲーネフ『初恋』(光文社古典新訳文庫 2006年)、
リュドミラ・ウリツカヤ『それぞれの少女時代』(群像社 2006年)、
ボリス・アクーニン『リヴァイアサン号殺人事件』(岩波書店 2007年)など多数。

ロシア語ロシア文学コース*文芸・ジャーナリズム論系 共催

NO RESPONSE TO 沼野恭子氏講演会「恋か料理かロシア文学」

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree