春季公開講演会

早稲田大学ロシア文学会では、6月19日(土)に2010年度春季公開講演会・総会を開催いたします。今回は、昨年 6月に大著『トルストイ』(第三文明社)を上梓された早稲田大学名誉教授の藤沼貴先生に、「『幼年時代』はいかにして書かれたか」と題してご講演いただきます。
なお、総会は例年どおり、講演会後に同じ会場で行います。また講演会・総会の後には、早稲田奉仕園にて懇親会を行ないます。講演会ともども、皆様のご参加を心よりお待ちしております。

●講演会
日時  2010年6月19日(土)午後2時45分より午後4時15分まで
会場  早稲田大学文学学術院(文学部キャンパス)36号館3階382(AV2)教室

●講演者
藤沼貴先生(早稲田大学名誉教授)
「『幼年時代』はいかにして書かれたか」

●総会
日時  同日午後4時30分より
会場   早稲田大学文学学術院(文学部キャンパス)36号館3階382教室

●懇親会
日時 同日午後6時より
会場  早稲田奉仕園内 日本キリスト教会館6階フォークトルーム(1号室)にて   
会費 6000円(ただし学部生・大学院生は3000円)

NO RESPONSE TO 春季公開講演会

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree