露文合宿に行ってきました!

今年も、恒例の露文合宿が行われました。
本年度はほとんどの学生が参加でき、源先生、貝澤先生も来てくださったので、合計で45名!
初めて、貸切バスをチャーターしてみました。

すごいでしょう。

向かうは、いつもの軽井沢。バスの中は、久しぶりの遠足気分なのか、あちこちから楽しいお喋りや笑い声が聞こえてきます。

いつもお世話になっている軽井沢セミナーハウスです。
今年の軽井沢は、素晴らしい快晴でした。

部屋割をして、ご飯を食べて、お風呂に入って・・・そうしたら合宿の本題に入ります。学生たちによる発表です。

まずは幹事さんからご挨拶。
今年の幹事さんは3年生の増岡君と甲野さん。二人とも本当にご苦労様でした。

初日の発表者、一番乗りは西田君。モスクワに長期滞在し帰国したばかりです。
興味深い「モスクワ滞在記」を披露してくれました。

二人目は、三年生の甲野さん。スラヴ地域のイースターエッグについて発表してくれました。
大変勉強になりました。

二日目も快晴。
腹ごしらえをしたら、先生たちと観光組、サッカー組、バレーボール組、昼寝組(もいたのかな?)と、さわやかな軽井沢を楽しみます。

ひと遊びしたら、午後は恒例の映画上映会。

わさわさと準備中。今年は、セルゲイ・ボロドフ監督の『ヤクザ・ガール』を観ました。

二日目の晩も、もちろん発表、そして音楽演奏会です。

まずは、3年生の板垣君。作家ヤロスワフ・イヴァシュキェヴィッチの創作についての研究発表です。
読書家の板垣君の鋭い分析に、今度読んでみようかなと思った人も少なからずいたはず。

最後の発表は、修士1年生の藤門君でした。
ロシア語、セルビア語、ポーランド語など、豊かな語学の知識を活かして、スラブ語圏でのコンピュータ用語の現状を報告してくれました。

さて、そして本年度の特別企画です。

マンドリンサークルに所属する3年生の五十住さんが、素敵な演奏会を企画してくれました。
賛同してくれたのは、2年生の前田さん(バイオリン)、院生の藤門君(フルート)、そして、我らが伊東先生(もちろん歌)です。

なんと多彩な露文生たち。伊東先生も幸せそうでした。
歌い終わった伊東先生は、譜面台に変身!

合宿二日目の夜も、有意義な時間となりました。
仲間たちと語り合った夜が、良い思い出となるといいな。

素晴らしいお天気で迎えてくれた軽井沢ともお別れ。
帰りのバスは、皆さん、爆睡でとても静かでした。お疲れ様。

また日々の勉学に勤しむことにいたしましょう。

NO RESPONSE TO 露文合宿に行ってきました!

Leave a Reply

Spam Protection by WP-SpamFree