• 2009-05-22 10:51:36
  • カリスマメイク
昨日、化粧道具を持っていないと書きましたが、正確には持っているものもあります。
化粧水、冬だとクリームや美容液もたまには使います。以上です。

会社勤めをしていた頃は、もちろんお化粧をしていました。
でも超適当だったので、見かねた友人にデパートへ連れていかれ、メイクアップアーティスト?に顔をいじられたことがあります。
男の人で、カリスマ的な存在らしいのですが、私は緊張してろくに息も出来ないし、生きた心地がしませんでした。

メイク終了後、「どうですか?すごく変ったでしょう?」とカリスマは誇らしげな様子。
でも、どうみても宝塚の出来損ない、あるいは場末のニューハーフという感じで、正視に堪えられるものではありません。すぐさま洗面所にかけこみ、バシャバシャ洗い落とした次第です。

友人は「自分が思うほどケバくないって!!」とよく分からないフォローをしてくれましたが、あんな目に合うのは本当に懲り懲りです。

だからといって、お化粧をしなくてもいい理由にならないというのは、重々承知しております。

  • 2009-05-21 11:28:43
  • お化粧
スポーツクラブのお風呂やサウナでは、お顔やお体への念入りなお手入れをされている方を沢山お見かけします。

マッサージグッズやジェル、ラップパックなどなど、飛び道具?も色々あるんですね。

そしてパウダールームでは、皆さん真剣な面持ちで鏡に向かい、お化粧&ブロー。人ごとながら立派だなと感心します。

確か宇野千代さんがおっしゃったと思いますが、「人と会うのに化粧しない女は泥棒よりひどい」そうです。

美しく装う心意気や心配りが女性には必要だということでしょうか。

知り合いに「家の前のゴミ捨て場に行くのにもお化粧をしないと行けないのよ」という人がいます。とても行き届いた心配りの出来る人です。

化粧道具さえ持っていない私にとっては、かなりの驚きでしたが、お化粧ひとつをとってみても、その人の心意気が出ているものだな、と最近は少し理解出来るようになりました。

  • 2009-05-20 18:29:56
  • 恋ダイエット
ダイエットに成功したお客様がいらっしゃいます。
もともとお綺麗な方ですが、最近はますます磨きがかかって、羨ましいことこの上ありません。

全身から醸しだすオーラにも変化があったので、聞いてみると彼氏さんが出来たのだとのこと。
以前は、いいところのお嬢様にも関わらずサバサバしてカッコイイ感じが素敵でしたが、加えて柔らい色気が漂いだして、さすが恋の力は偉大です。

ダイエットの成功が恋愛を引き寄せた、ひとつのきっかけになったということです。やっぱり何事も意志の力が重要ということでしょう。

問題となる要素をひとつずつ解決して、小さな成功を生み出し、大きな目標を達成する。
あらゆることに通じる基本でもありますね。

改めて「意志あるところに道あり」だなと思いました。

  • 2009-05-18 11:10:19
  • 呼び方
昨日「セラピスト」の話をしたので、今日は呼び方?の話しを。

お客様のことは「何々さま」とお呼びするのが礼儀なのでしょうが、あえて「何々さん」とお呼びしています。
「何々さま」とお声がけしながらの施術では、シャチホコばった気持ちが解けないような気がするからです。
お客様の中にはご気分を害される方もいらっしゃるかもしれません。

幸い、続けてご来店くださっているお客様は、文句のひとつもおっしゃらない、お心の広い方ばかりなので、きっと分かってくださっているのだなと勝手に解釈しております。

私のことは「福浦さん」もしくは「ふくちゃん」「マユミさん」などとお呼びくださいますが、なかには恐れ多くも「先生」とお呼びくださるお客様もいらっしゃいます。
さすがにそこまで厚顔無恥ではないので「お願いですから先生は止めてください」と懇願しても、なかなか聞き届けてもらえません。改めて「先生」だけはご勘弁を!

お客様ではありませんが、ピースを始めて以来、わざと語気を強めて「シャチョーッ!」と呼んで、私が怒るのを楽しむ友人もいます。

呼び方や呼ばれ方で、居心地が左右されてしまうのは、やっぱり人間が小さいということでしょうか?

  • 2009-05-17 13:17:38
  • セラピスト
セラピスト=療法士という言葉は、何か胡散臭い雰囲気が漂わないこともありません。
漠然としすぎているからでしょうか?

少し前までは心理的なセラピーが多かったせいか、「カウンセリングとかやってるのですか?」とか「占いですか?」などと、よく聞かれたものです。

最近はカラダのメンテナンスとしての各種セラピーも浸透してきましたが、まだちょっと敷居が高いイメージを持たれる方もいらっしゃるようです。

豪華なホテルやスパなどのセラピーが、非日常、つまりハレの日のためのものだとすれば、ピースで行なっているは、ごく普通に生活の一部として捉えて頂きたいセラピー。

忙しい毎日を健やかに暮らしていくためには、溜まった心身の疲労感を早めに取り除いてあげることが肝心。お風呂にゆっくり入ったり、適度なスポーツもとても有効です。

そういったセルフケアに加えて、人の手を通したセラピーを受けることでリフレッシュ効果はグンと高まります。

「自分で入れたコーヒーも美味しいけど、カフェで飲むとやっぱりちょっと違うな」というのに似ていますね。

ピースも、そういうカフェのような存在でありたいと思っています。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75
CALENDAR
<< September 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ