• 2012-05-28 13:56:02
  • 歯医者さんと経営の神様
歯ぐきの調子がイマイチだったので、久しぶりに歯医者さんへ。

かかりつけの先生が、引っ越しをなさって少し遠くなったのですが、信頼出来る方に診てもらいたいので足を伸ばして行ってきました。

診察終了後にも色々と詳しいお話をしてくださって、「遠くなったのにわざわざ来てくださって有難うございます」とお礼の言葉まで。

この先生は、心の底から歯や人を大事になさる方だなぁとお会いする度に感動します。

よく「医者も商売第一で目が¥(円)マークになってきている」と言われますが、この先生は真逆。

最近松下幸之助さんの本をよく読むのですが、こういうことが書いてありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は5のものであれば5と言って売ります。
5のものを6と言って、「1つ負けて5にするから」と買ってもらうのも、ひとつの商売の仕方ではあるが、私はそれをやらない。
5のものを5のまま売る方が売る方も買う方も手間がかからない。
誠意ある商売とはそういうものだと思っている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先生の場合は8のものを4にしてくださっているのではないかと思うくらい。

誠意ある対応をされているから、患者さんたちも安心して任せられるのでしょうね。

「経営の神様」のおっしゃってる内容が先生のお仕事ぶりと重なって、私もそんな仕事をしていきたいなと改めて思いました!

<<西麻布goblin | main | 20年ぶり。 >>
CALENDAR
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
SEARCH
ARCHIVES
OTHERS

powered by チカッパ!ブログ